魂宮時

舞樂38

「即興」

本質的即興とはなにか?
武術における実戦といえるものではないか?

想定しないで、その場で対応できる受容能力の高さが求められる。
老子いわく、柔弱は最大の強さなり。

今日も名古屋で舞台に立った。
ノ-プランで...舞台に立ってから全てを決める。
いや、きっとその場に全てはあるのだろう。
ただそれを彫刻のように掘り出すだけだ。
そこから約30分ほど時間は流れ、場の空気はすでにこちらのさじ加減。
今日は斬られずにすんだ。
無事生還^^


来月はサンフランシスコだ!
アメリカは飛び道具があるから用心せねば
踊りきり無事生還。
和の感動を与え、帰国の無事を願う。

帰国したら8月5日には松本の神宮寺にて原爆忌の追悼で踊る。
これは供養の舞。
重大なお役だ^^;
気を引き締めてかかろう。


いつも沢山の場に立たせていただける。
ありがとう。
感謝^^
[PR]

by newflavor | 2011-06-26 01:09
<< 舞樂39 舞樂37 >>