魂宮時

<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


舞樂 28

「あらため」

先日、熊野へ参りに行ってきました。
自身が何を望み、何を思うのか今年も終わりが近くなってきたので振り返ってきました。

大自然の中へと、影響を受けた日野晃さんの武道研究所にも行ってきました。
(セミナーシーズンではないので日野さんは留守なのは承知でしたが...)

今日まで舞を通じて身体と向き合い、自身の操体法を「動体術」と名づけ指導してきましたが
しかし、真に取り組めば必ず心と頭と身体と霊のバランスが大切で動きや身体の症は「こころの象」と捉えられ、指導は当然「道」を説くことになります。

身体という自然物を媒体に、理を解していくことの重要性を伝える指導内容に、表層の肉体や動きのみに注目したような名はふさわしくないと気づきました。

今年ももうすぐ終わり、新年「兎」を迎える。
年男です。
それは関係ないか...^^;

これからの発展も願い、動体術を「道體術」と改字しよう。
[PR]

by newflavor | 2010-12-13 08:24