魂宮時

舞樂32 

「食とは生きることなり、食物とはいのちなり」

大きな津波が日本を襲い、沢山のいのちが奪われた...
生きること、いのちの有難さを考えさせられる...

生きることは食べることなり、他のもののいのちを頂くこと、そのもののいのちを頂いて自分のいのちを育むこと食なり。

無駄な殺生を止め必要なときだけ必要な分を頂こう。

こんなに資源はあるのに今必要な人達の手の届くところにはない...
不憫でならない、それでは意味がない...

それでも生産工場は止まらない、止められない、始める勇気もすばらしいが止める勇気も等しく素晴らしい。

今回のことで安定安心なんてものはいつ何時消えてしまう幻想のようなものだと知り、いかに生きていくのか?の重要性を改めて考えるきっかけになった。

日本人のDNAにある忍耐の強さは誇るべきことであり、それが身体に素直な日本人の姿である。

西洋と東洋の食文化、生きることすなわち食べること、食事の作法を観てもその生き様(精神性)はあらわれている。

西洋では食物に自ら口を近づける動作を目にするが、東洋、特に日本では器を自らに運び食物を頂く。
食物と人との関係性に攻めの姿勢と待ちの姿勢が見えてくる。

食すなわち生きることへの姿勢ではないか
攻めの狩猟民族と待ちの農耕民族そんなDNAが今も日本人の身体には宿っているのだ。

だからなんだって?っおっしゃる方もお見えになるかと...

そんな身体と精神性の基礎を持つ生き物が常に攻めのシステム現代社会に合わせて生きること多大なストレスにほかならない。
自分に無関心で自分のことに無意識の領域が有り余り意識の範囲が狭いため気がつかない。

こころが狭い範囲に束縛されているため、身体も緊張してしまう。
意識=外的働きと、無意識=内的働きのバランスは崩れ健康を損なう。

自然体とは何か?
意識しない姿であること
無意識の領域を知っている姿であること
その身も心も静かである。


私の好きな老子の言葉を紹介します。

微小な事柄に気づくこと
明と名付け
柔を守ることを
強と名付けよう
こうなれば五感はますます冴え
根源の光明に立ち帰り
身心に災いを遣すことはあり得ないのである
これを永遠の静寂と名付けるのである

「老子(全)」第五十二章より

こんな身心にだれでもなれます。
理解(頭)ではなく体感(経験)が重要です。
昔の偉い人が言ったおとぎ話ではありません。
始めるかどうかだけです。
根気は要ります。
頑張りは要りません。
脳ではたどり着けません。
脳を含む身体全てです。
外にではなく内を自由にする必要があります。
こころをではなく、こころを含む身体そのものをです。

書の作品は字ではなく余白を含むすべてにあります。

ダンス作品はダンサーではなくダンサーを包む空間すべてです。

意識を局部ではなく全体に...

全体が見えれば局部は自由に。
自由になればおのずと秩序があらわれる。

それ自然なりチャンチャン
[PR]

# by newflavor | 2011-04-01 13:32

被災地の方へ

今回東北を襲った災害により、亡くなられた方たちの

ご冥福をお祈り致します。

また今も被災地にみえる皆さん、原発の現場で危険にさらされながらも必死に働く社員の方々へ

応援しています。
[PR]

# by newflavor | 2011-03-26 08:31

舞樂 31

「プラスでなくマイナス」

最近の道體術の稽古のテーマは「なにもしない!」を薦めている。

なにもしないとは静かでいること、積極的に身体に働きかけというないことだが随分難しいようだ。

日頃多くの用事に追われている人ほど困難に感じるようだ。

体はそもそも自分の意思とは無関係に働いている。

細胞は分裂し心臓は血液を循環させ、消化器は栄養を吸収し排泄も行い24時間営業!

いや、死ぬまで働く。ご苦労様です...

あらためて自分の意思でコントロールしているものなんて何もないのだ!

なのでなにもしなくていいのです^^

唯一することは身体の働きの邪魔をしないだけ、正しいことをしようとしないで、間違ったことをし

ないのが肝心、体に不調を感じて良くしたいと考える人ほど急な変化を求め、何かをしようとする。

つまりその時の自分にプラスするんだよねぇ。

足さなくても体を不調にした原因を引くことの方が重要であります。

なので余計なことはせず体が自由に働けるようにすれば、おのずと秩序は保たれるのです。

さぁ! やってみよう!

いや、 やってはいけない? いやいや違う、なにもしない!

なにもしないをするんだ!

それはしているのでは...?

ん~~~~~

などと考えず体を聴きながら感じてください。
[PR]

# by newflavor | 2011-03-01 01:23

舞樂 30

「エンドゲイニング」

いやぁ~ブログの更新年始から滞っていました^^;

何分一つの事に没頭してしまうたちは昔から変わらず...

先日に自作の舞踊作品「0=」の発表がありましてそちらに頭も体も行っておりました。

僕的には発展型のおもしろい作品になったと思います。

お客はどう感じたかわかりませんけど...?(今後どのように変化していくのでしょう?)

まぁ自由なる発想の場”芸術”ですから何をやってもいいわけですから気にせず事を完了してきたわけです。

自由であればあるほど秩序が生まれてくるわけでおのずと作品や身体性に筋が通ってくるものです。

自由と無法の違いはそこにあるようです!

ですから「お客に喜んでもらうもの」を創作の過程から意識したものではなく自分本位に創作を楽し

み舞台でそれを分かち合うことは当初の目標として達成された気がします。

しかし、稽古の時に散々気をつけていたエンドゲイニングに自ら陥ったことに悔しさが残る...


エンドゲイニングとは最終目的を獲得しようとし最終目的までのプロセスを感覚していない身体状態

で内的束縛から身体も緊張状態に陥ることです。

(例:腕の上げ下げだと上げた状態から下がるまでの間、下がった状態から上がるまでの間の無意識の領域にある身体の働きを感覚出来ていないということ)

そんな状態なので終わってからあれ腰が痛いなぁ~なんて体に無理な動きを無意識にとった証拠があ

らわれる。

身体を「今」というその瞬間瞬間に聴いてないからこんなことになる。

まだまだ未熟であると思い知る...(><;)
[PR]

# by newflavor | 2011-02-25 07:17

舞樂 29

「進」

謹賀新年
明けましておめでとうございます^^

昨年は色んな出会いや、事がありました。
おかげさまで、こうして新年を迎えることができ、
心あらたに歩みを止めず「進」で行きたいと思います。

2月19日には新作の発表もひかえてるので早々にリハーサルが続きます。
まだまだゴールの見えないクリエーション...
いったいどうなることやら、どこへ着地するのか、わからずとも
一歩一歩少しづつですが前に進んでいることだけは確な実感があります。
[PR]

# by newflavor | 2011-01-04 10:56