魂宮時

舞樂 31

「プラスでなくマイナス」

最近の道體術の稽古のテーマは「なにもしない!」を薦めている。

なにもしないとは静かでいること、積極的に身体に働きかけというないことだが随分難しいようだ。

日頃多くの用事に追われている人ほど困難に感じるようだ。

体はそもそも自分の意思とは無関係に働いている。

細胞は分裂し心臓は血液を循環させ、消化器は栄養を吸収し排泄も行い24時間営業!

いや、死ぬまで働く。ご苦労様です...

あらためて自分の意思でコントロールしているものなんて何もないのだ!

なのでなにもしなくていいのです^^

唯一することは身体の働きの邪魔をしないだけ、正しいことをしようとしないで、間違ったことをし

ないのが肝心、体に不調を感じて良くしたいと考える人ほど急な変化を求め、何かをしようとする。

つまりその時の自分にプラスするんだよねぇ。

足さなくても体を不調にした原因を引くことの方が重要であります。

なので余計なことはせず体が自由に働けるようにすれば、おのずと秩序は保たれるのです。

さぁ! やってみよう!

いや、 やってはいけない? いやいや違う、なにもしない!

なにもしないをするんだ!

それはしているのでは...?

ん~~~~~

などと考えず体を聴きながら感じてください。

by newflavor | 2011-03-01 01:23
<< 被災地の方へ 舞樂 30 >>